このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

超解像技術(ちょうかいぞうぎじゅつ)とは、テレビなどに関わるデジタルでの画像処理技術のひとつで、入力信号の解像度を高めて出力信号を作る技術を指し、具体的な製品では、 入力された動画や静止画の信号を高解像度化して出力したり、高解像度の画像を表示したりするものです。

画像の拡大・縮小

小さな画像を無理やり引き伸ばすと、『ノイズ』や『荒れ』が出てしまったり、ドットが目立ったり、イラストタッチになったりと、 さまざまな問題が出てきます。『PIXEL MASTER』では、独自の超解像拡大アルゴリズムを採用しており、画像のノイズを補正すると同時に鮮明に拡大することが可能です。 他社ソフトとの比較テストでは、約1万枚のサンプル画像を拡大しテストした結果、92%の画像が綺麗になったという結果も出ております。(当社調べ) また、フォルダ指定による一括拡大も可能です。

ノイズ除去

デジタルカメラ撮影画像には、さまざまなノイズが発生します。例えば、JPG画像のブロックノイズやモスキートノイズ、高ISO感度にて発生するノイズ、夜景の長時間露光時など、ノイズが原因で補正に苦労しているのが現状です。『PIXEL MASTER』では、ボタン一つで画像のノイズ部分だけを除去することができます。プロの写真家も認める高精度ノイズ除去です。こちらもフォルダ指定の一括ノイズ除去が可能です。http://www.youtube.com/watch?v=j4SlXTUm1No

画像のベクター変換

FAX、コピー、スキャニングなどによる劣化した画像も、高精細なベクターデータに変換することができます。ロゴやイラストなどをベクター化し、EPS形式で出力することが可能。モルフォロジー技術を搭載しているので、画像のノイズ除去や穴埋めも簡単に行うことができます。劣化した画像のベクター化に最適の機能です。
※現バージョンは、モノクロ出力のみ対応しています。

動作環境

PC動作環境

ソフトウエア動作

入出力画像
OS Windows 32bit(XP,Vista,7)
Windows 64bit(XP,Vista,7)
CPU クロック 2GHz 以上
ディスプレイ 1024×768以上
RAM (2GB以上推奨)
基本仕様 Windows GUIアプリケーション
必要ライブラリ等 .Net Framework 4.0
ダウンロード販売 可能
ライセンス管理 ライセンスキー入力で正規版
体験版配布
表示Windows 1
同時複数動作 可能
読込フォーマット BMP,JPG,PNG,GIF,TIFF
出力フォーマット BMP,JPG,PNG,EPS,SVG
最大解像度 16384×16384pixel
色解像度(最大) カラー24bit(RGB各8bit)
読込時自動縮小表示
複数画像の取り扱い

PIXEL MASTER ZOOMに関するお問い合わせ

クリエイティブワークをサポートする超解像技術を搭載した画像加工ソフト

PIXEL MASTER 製品に関するご質問や導入に関するご相談等はこちらからお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちらから